2011-08-04

圧力センサーの底力を知ろう

圧力センサーを私たちは無意識に利用している。かなりの頻度である。こんな都市伝説を聞いた事はないだろうか。「自動ドアの感度が悪い人は、体内に鉄が不足している」数年前まで、私もこの自動ドアに感知されない人間だった。自分は一体何者なのだろうと少しは悩んだものだ。これは、鉄分が足りないとかではなく、ただ単にセンサーが感知できない位置に立ってしまう癖があるからというものらしい。クの一になれるかもしれない。今年で、京都議定書の有効期限が切れるようだ。しかし、産業による二酸化炭素を排出したくても、日本には現状とてつもない課題がある。原子力発電所の問題である。一体これから先、福島の原子炉はどうなるのだろう。合わせて他の原発はどうなるのだろう。そうなってくると、自然エネルギーに目を向ける事がある。日本には優秀な研究を行っている大学や専門機関が存在する。この圧力センサーを使った、発電はすでに実施されているらしい。あるスタジアムでは、応援をする人がリズミカルに飛びはめる。コンサートでも大体、縦にジャンプする光景が見られる。これを利用して、発電をする。彼らが、ジャンプをするとそのエネルギーから電気が生まれるのだ。それを可能にしてくれるのは、圧力センサーのおかげである。こういうシステムを大いに活用すれば、少しずつでもエネルギー不足が補われて、人々の不安や疑問を減らせる気がするのだが。費用面が開発を遅らせてしまうようである。それでも、有用な技術を有効に用いてこそ、未来が明るくなると思う。

Leave a Reply

Wordpress