2013-01-11

快適マッサージベットでヨモギ灸治療・メンズエステ施術

鼻炎の患者は、常に鼻がいっぱい詰まっていて、呼吸困難で透明な鼻水がだらだら流れくしゃみを絶えずします。

このような症状が続く繰り返すならば鼻炎治療中の詰まった鼻を開けてくれ鼻の中に完全な鼻水を排出する必要があります。

鼻炎漢方医院では、綿棒に漢方薬をつけて鼻の中に入れる滴り治療に詰まった鼻をすっきり開けています。

滴り治療に加えて、赤外線、ネフライザー、超広温熱療法、酸素療法、療法灸治療、鍼治療など多くの治療に鼻炎治療効果を極大化させています。

今日は灸治療の過程をお見せします。

灸治療は副鼻腔と呼ばれる両方の鼻の部位と周辺の額の部分を温めて ツボ刺激を介して滴り作用が円滑に行われるようにします。 鼻の周りを温めて血液の循環を助け膿の排出を誘導する治療法です。 様々な理学療法の中で唯一楽に横になって行う治療で、多くの方に好まれています。

暖かさが気持ちよくマッサージベッドで睡眠される方もよくお見かけします。

1.灸治療をするために温灸器のふたを開けます。

2.温灸器にヨモギを入れます。

3.適切な量のヨモギを入れて使用します。

4.ヨモギを入れて、空気が入って火がよくつくように穴を作ります。

5.その次に灸治療器の電源をオンにして軽量化を利用して、火をつけます。
均等よもぎに火がよくつくようにすることが重要です。

重要なのはヨモギが正しく灸が暖かいことです。

6.火が正しくついていることを確認した後温灸器の蓋を閉めます。
灸が乗って煙が発生するので、すぐに閉じることが重要です。

灸治療をする準備が完了したら、治療を続けています。

額との両方の副鼻腔に順番に温灸器を上げて温めます。
患者さんは、快適に目を閉じることをお勧め。
たまに煙が発生し、目がしみてしまうことが発生します。
リラックスして快適に横になって行うのがよいでしょう。

灸が異常に高くなり、やけどをすることがありますので、適度に温度調節をして治療することが重要です。
灸治療が終わって使用された灸を捨てきれい温灸器を空にします。


治療を受ける時のベットやメンズエステや整体を受ける時のマッサージベットの快適さは施術後の満足度に大きな影響を与えると思います。 お客様に満足して頂けるマッサージベットを良いするのも大切なことです。 また、整体やメンズエステの求人を閲覧する際は、マッサージベットなど設備に気を使っているかなどをチェックするのも大切です。

Leave a Reply

Wordpress