2013-07-26

整体の資格を学習するためには、カラダと病気の要因を知ることか重要です。

人体の中心は、背骨です........
建物の構造に比較すると、柱の役割をすると表示されます。
解剖学的に柱の中でも最も中心的な腰部の背骨、
つまり腰椎と骨盤構造物である腸骨と仙骨、坐骨、尾骨部位に
筋肉の緊張や構築が起き骨格の変形が起これば....、 この影響が、最終的に二つ仙骨系の硬膜の相互緊張が頭蓋骨に伝達され
頭痛やうつ病など、いくつかの精神的な疾患も起こります。 人体の姿勢が変形する最大の理由は、両方の足の長さの差があります。 腰痛患者を診察するときに、2足の長さを比較してみる
必ず差があります.......
ひどい場合には、0.5cm?1cm以上の差が出る場合もあります。
このような脚の長さの違いで姿勢が崩れます。 人間は、生まれながらに本??質的に整体生理作用である「平衡中枢」と「バランス中枢」を持って成長するようになります。そして、二本の足に頼って起立生活をします。身体のどの部分が異常が発生して、上に圧迫されると、平衡中枢の働きで、地球の重力と表面に自然に平衡を達成しようとします。 また、体がずれた場合のバランスの中で追加作用して正面をすぐに見て生活するようになります。すなわち、自分の体を正すために、自ら適切変形を発生させてバランスを
維持しようとします。このような要素は、骨盤の変形はもちろん、前後左右のねじりを
一緒に示し骨盤と垂直に接続されている脊椎の変形を直接発生させ、脊椎は、このような影響により正常で生理学的な角度が消失したり、側のみなどで発生につながり、各脊椎骨の節間を圧迫するようにされて徐々に脊髄神経に障害を起こす、いわゆる腰痛を発生させます。
整体師になるには資格が必要ですか?|YMCメディカルトレーナーズスクール


臨床的にこのような姿勢変形の治療理論を見れば、短い足に治療重点を置くか、長い脚に治療重点を置くに応じて、複数の意見があります。これに関連の多くの材料のカイロプラクチク療法や渋滞運動理論あるいはSOT療法理論を研究し??てみると、理論も複雑で紛らわしいです。 いくつかの材料を研究した結果、日本人礒谷公良の理論が最も合理的であり、臨床的に容易に応用することができるという利点があります。つまり、一般的に長い脚に向かって治療の重点を置くことです。 人体の骨盤がまっすぐに維持なろうと骨盤との接続されている股関節の接続状態は、非常に重要な意味を内包します。


股関節の骨頭は骨盤の側面部分に形成された関節に理想的接続する必要があります。すなわち、左右の接続状態が力学的な対称を成してバランスを維持する必要があり、関節の周りの筋肉とは、靭帯も十分鍛えられている必要があります。
左右の股関節の接続状態が非対称である場合、体重を支える骨盤から直立の状態が発生して骨盤が傾斜されます。 骨盤の変形は、股関節のアンバランスにより、足が長くなって骨盤の傾きが顕著になり
脊椎の変形になる場合があり、仙骨と腸骨の急性変形から脊椎の変形が見られる場合があります。 股関節の脱臼、足の長さは長くなって、体重が上から骨盤の中心に作用すると、テコの原理によって大きな力が長い脚に向かって作用されて骨盤を上昇させて傾くようになり、腸骨は前方に移動して、足が開きそのうちに八字歩きで歩行します。 このような場合は、おおむね慢性的な腰痛と坐骨神経痛が、長期的に慢性的に分類される患者が多く臨床的に最も一般的な病状です。 このようにすると、人体のバランス中枢と平衡の追加機能して徐々に長い脚側の肩が下に引かれます。また、次第に脊椎の側だけ??が長い脚に向かってしまいます。
このような状態を治療せずにおくと、再び2次的な変形が起こり、反対側の肩が曲がって、複合型の変形が起こります。


このような患者を仰臥位姿勢で見ると、概ね長い脚側の足首が外側に回転された状態なので、簡単に判断されます。このような力のバランスが傾い偏れば後頭骨や頚椎または膝や
足首にも良くない影響を与えます。 一般的な退行性関節炎や足首の方が怪我をすると、さらに足の親指が横に曲がる無知外反症も、その原因が骨盤のゆがみにつながってしまうことがあります。。 人体のどこかの部位に機能障害が発生した場合、他の部位にも影響を与えます。
したがって、人体の中心的な腰の腰椎と骨盤部位に機能障害が発生した場合
他の部位に全身的影響を与えることになるのです。

Leave a Reply

Wordpress