2015-01-01

印刷段ボール

【 段ボールの印刷種類・耐水段ボール 】

1)美粧段ボール

包装の多様化と販売競争の激化による商品の差別化が求められて、それに対応した各種の美容ダンボールが出現して、 複数の方法が使用されているが、その代表的なものは、次のような方式がある。

・フレキソ印刷

弾力性のあるゴムスタンプのような版でやさしくしかも均一に版を押して印刷します。

段ボールに印刷する際押し付けてしまうとフルートが潰れてしまい印刷前と比べて強度劣化が少なくなってしまうので、気をつける また、ダンボールに直接印刷するので、印刷精度も高い。

・オフセット印刷方式

より印刷程度が高い段ボールを得る方法として、印刷精度の高いオフセット印刷か片面段ボールに接合する方法がある。(枚葉接合とも呼ぶ)

・その他(色のライナーの使用など)

原紙に混合して、デスクトップ印刷が実施されたライナーを接合させる方式など。

2)防水段ボール

JIS では、防水段ボールとして撥水段ボール、耐水段ボール、遮水段ボールなど3 種類を規定しているが、 段ボールのような中空素材の場合原紙にランク性能があっても普通の封緘方法では、段ボール箱としての 遮水性を維持することが困難なため、業界規格に移行する際に遮水段ボールを削除した。

・撥水ダンボール

短時間水が触れた場合、水が段ボールの表面で水滴となって水の浸透を防止するために表面加工した段ボール。

・耐水段ボール

長時間浸水した場合にも、あまり強度劣化がないようにライナー、フルート、接着剤やダンボール自体に耐水加工を施したもの。

Leave a Reply

Wordpress